メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  イノツズマブで再発・難治性ALL治療に光

イノツズマブで再発・難治性ALL治療に光

 2018年04月17日 06:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 ファイザーは今年(2018年)1月、再発・難治性急性リンパ性白血病(ALL)の治療薬「イノツズマブ オゾガマイシン(遺伝子組換え)」(商品名ベスポンサ)の製造販売承認を取得した。これを受け、4月9日に同社は東京都内でプレスセミナーを開催。慶應義塾大学血液内科教授の岡本真一郎氏と東京慈恵会医科大学腫瘍・血液内科教授の薄井紀子氏が登壇し、ALL治療における新薬の位置付けなどについて解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  イノツズマブで再発・難治性ALL治療に光

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04513857 有効期限:4月末まで