メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  イノツズマブで再発・難治性ALL治療に光

イノツズマブで再発・難治性ALL治療に光

2018年04月17日 06:00

2名の医師が参考になったと回答 

 ファイザーは今年(2018年)1月、再発・難治性急性リンパ性白血病(ALL)の治療薬「イノツズマブ オゾガマイシン(遺伝子組換え)」(商品名ベスポンサ)の製造販売承認を取得した。これを受け、4月9日に同社は東京都内でプレスセミナーを開催。慶應義塾大学血液内科教授の岡本真一郎氏と東京慈恵会医科大学腫瘍・血液内科教授の薄井紀子氏が登壇し、ALL治療における新薬の位置付けなどについて解説した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

岩手の奇祭「蘇民祭」が1000年以上の歴史に幕。

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  イノツズマブで再発・難治性ALL治療に光