メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

脳卒中発症に関わる22の遺伝的変異を同定

52万人分のゲノム解析から発見

 2018年04月17日 12:01
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 脳卒中は世界で2番目に多い死因だが、分子レベルでの発症メカニズムはまだ十分解明されておらず、新たな治療法の開発も進んでいない。理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センター副センター長の久保充明氏らは、民族横断的ゲノム解析を行う脳卒中国際共同研究グループ(MEGASTROKEコンソーシアム)の活動として、約52万人分の遺伝情報を用いてゲノムワイド関連解析を実施。22の遺伝的変異を含むゲノム領域(座位)を新たに同定したと、Nat Genet2018 ; 50: 524-537)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  脳卒中発症に関わる22の遺伝的変異を同定

error in template: found but mtif was expected