メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  yomiDr. »  小児がん、尿で判別...日立が技術開発・今月から実証実験〔読売新聞〕

小児がん、尿で判別...日立が技術開発・今月から実証実験〔読売新聞〕

 2018年04月17日 13:14
プッシュ通知を受取る

 がん検査の簡素化に向け、日立製作所が16日、尿から小児がんなどを判別する技術を開発したと発表した。がん患者と健常者計250人の検体を使った実証実験を4月から始め、2020年代初めの実用化を目指す。

 日立は16年に、尿で乳がんと大腸がんを発見する技術を世界で初めて開発したと発表している。尿内に数千種類ある物質のうち、がんになると量が変わるものを特定したという。

 その後の研究で、物質の特定が小児がんや胆道がんにも広がった。実証実験で精度や技術的な課題を検証する。実用化すれば、従来のコンピューター断層撮影(CT)や採血と比べ、がん検査のハードルが下がる。幼い子どもの場合、体への負担減が期待される。

 ただ、尿による検査の臨床データは世界的に少なく、複数の研究機関による検証が必要との指摘がある。

(2018年4月17日 読売新聞)

ヨミドクター

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  yomiDr. »  小児がん、尿で判別...日立が技術開発・今月から実証実験〔読売新聞〕

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04513931 有効期限:4月末まで