メニューを開く 検索を開く ログイン

H. pylori感染例の方が術後の予後良好

 2018年04月18日 06:06
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 Helicobacter pylori感染は胃がんの発生リスクとなるが、手術後の予後に対してはどのような影響を及ぼすのであろうか。獨協医科大学日光医療センター外科診療科長の宮地和人氏は、胃がん手術後症例におけるH. pylori感染の有無と菌量による予後への影響を比較検討。「H. pylori感染を伴う症例の方が術後の5年生存率は有意に高く、菌量が多いほど高かった」と第14回日本消化管学会(2月9〜10日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  H. pylori感染例の方が術後の予後良好