メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  FDAも承認、遺伝性低リン血症薬burosumab

FDAも承認、遺伝性低リン血症薬burosumab

小児・成人X染色体遺伝性低リン血症の適応で

 2018年04月18日 17:45
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 協和発酵キリンは本日(4月18日)、小児および成人X染色体遺伝性低リン血症(XLH)の適応で、米食品医薬品局(FDA)がburosumab(商品名Crysvita)を承認したと公式サイトで発表した。同疾患はビタミンDを投与しても完治しない、いわゆるビタミンD抵抗性くる病・骨軟化症または低リン血症性くる病・骨軟化症と呼ばれる骨の石灰化障害を来す難病。欧州医薬品庁(EMA)に続く承認で、FDAは小児だけでなく成人でも承認した。(関連記事:「XLHの病態に直接作用、burosumabが登場」「XLH治療薬burosumabをFDAに申請」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

抗認知症薬を処方する前に甲状腺機能検査を実施していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  FDAも承認、遺伝性低リン血症薬burosumab

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08513951 有効期限:8月末まで