メニューを開く 検索 ログイン

FDAも承認、遺伝性低リン血症薬burosumab

小児・成人X染色体遺伝性低リン血症の適応で

2018年04月18日 17:45

4名の医師が参考になったと回答 

 協和発酵キリンは本日(4月18日)、小児および成人X染色体遺伝性低リン血症(XLH)の適応で、米食品医薬品局(FDA)がburosumab(商品名Crysvita)を承認したと公式サイトで発表した。同疾患はビタミンDを投与しても完治しない、いわゆるビタミンD抵抗性くる病・骨軟化症または低リン血症性くる病・骨軟化症と呼ばれる骨の石灰化障害を来す難病。欧州医薬品庁(EMA)に続く承認で、FDAは小児だけでなく成人でも承認した。(関連記事:「XLHの病態に直接作用、burosumabが登場」「XLH治療薬burosumabをFDAに申請」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  FDAも承認、遺伝性低リン血症薬burosumab

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで