メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

閉塞性大腸がん、ステント留置の安全性は?

多施設共同前向き研究

 2018年04月19日 06:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国の大腸がん罹患率は上昇傾向にあり、年間13万例超の罹患数が報告されている。閉塞性大腸がんは10〜15%に認められ、術前処置や緩和目的の減圧のためにステント留置を行う例も増えてきた。横浜新緑総合病院消化器センター長の齊藤修治氏は、大腸ステント安全手技研究会が行ったself-expandable metallic stent(SEMS)の安全性と有効性についての多施設前向き観察研究の短期成績を第54回日本腹部救急医学会(3月8〜9日)で報告。「SEMS留置の短期成績は良好であった」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  閉塞性大腸がん、ステント留置の安全性は?

error in template: found but mtif was expected