メニューを開く 検索を開く ログイン

初の「アジア版大腸癌GL」で注目される"左右差"

 2018年04月19日 13:54
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

 昨年(2017年)11月、欧州臨床腫瘍学会アジア大会(ESMO Asia 2017、11月17~19日、シンガポール)において、初の「アジア版大腸癌治療ガイドライン」が公表された。3月22日に開かれたメディアセミナー(主催=武田薬品工業)では、同ガイドライン(GL)策定の中心メンバーである国立がん研究センター東病院消化管内科長の吉野孝之氏、および愛知県がんセンター中央病院薬物療法部部長の室圭氏が登壇し、大腸がんの"左右差"に関する最新トピックスや、同GLが日本の実臨床に与える影響などについて解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  初の「アジア版大腸癌GL」で注目される"左右差"

error in template: found but mtif was expected