メニューを開く 検索 ログイン

初の「アジア版大腸癌GL」で注目される"左右差"

2018年04月19日 13:54

17名の医師が参考になったと回答 

 昨年(2017年)11月、欧州臨床腫瘍学会アジア大会(ESMO Asia 2017、11月17~19日、シンガポール)において、初の「アジア版大腸癌治療ガイドライン」が公表された。3月22日に開かれたメディアセミナー(主催=武田薬品工業)では、同ガイドライン(GL)策定の中心メンバーである国立がん研究センター東病院消化管内科長の吉野孝之氏、および愛知県がんセンター中央病院薬物療法部部長の室圭氏が登壇し、大腸がんの"左右差"に関する最新トピックスや、同GLが日本の実臨床に与える影響などについて解説した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  初の「アジア版大腸癌GL」で注目される"左右差"