メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  シソの香りで腸炎を緩和

シソの香りで腸炎を緩和

香気成分を用いたマウス実験で判明

 2018年04月19日 06:02
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 和食や漢方薬によく用いられるシソ(大葉)は、古くから発汗解熱作用、整腸作用、抗炎症作用を備えていることが知られていたが、その主要香気成分であるペリルアルデヒド(PA)の生理機能については不明な点が多い。東京理科大学基礎工学部生物工学科准教授の有村源一郎氏らは、PAを含む水を用いたマウス実験によって、PAに腸炎を回復させる機能があることが判明したとJ Agric Food Chem2018; 66: 3443-3448)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  シソの香りで腸炎を緩和

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06513940 有効期限:6月末まで