メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

次なるJAK阻害薬、PⅢで全評価項目を達成

Upadacitinib

 2018年04月20日 11:56
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 アッヴィは、開発中の関節リウマチ(RA)治療薬である経口JAK1選択的阻害薬upadacitinib(ABT-494)の第Ⅲ相臨床試験〔Phase(P)Ⅲ〕SELECT-MONOTHERAPYについて、全ての主要・副次評価項目を達成したと4月17日に発表した。JAK阻害薬は低分子化合物でありながら、生物学的製剤と同等の有効性があるとして、欧州リウマチ学会(EULAR)レコメンデーション2016の治療アルゴリズムで同列に位置付けられている。(関連記事:「BioとJAK阻害薬をめぐる最近の話題」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  次なるJAK阻害薬、PⅢで全評価項目を達成

error in template: found but mtif was expected