メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

PARP阻害薬で一次治療転移乳がんのOS改善

オラパリブのOlympiAD試験・最新解析結果

 2018年04月20日 06:02
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 アストラゼネカによると、生殖細胞系列BRCA遺伝子変異陽性(gBRCAm)HER2陰性転移乳がん患者を対象にPARP阻害薬オラパリブ(商品名リムパーザ)と標準的化学療法の効果を比較検討した第Ⅲ相試験OlympiADの最新解析の結果が、第109回米国がん研究協会(AACR 2018、4月14~18日、シカゴ)で発表された。副次評価項目である全生存期間(OS)については全体解析で有意差は示されなかったが、化学療法治療歴がない一次治療の患者では有意差が認められたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  PARP阻害薬で一次治療転移乳がんのOS改善

error in template: found but mtif was expected