メニューを開く 検索を開く ログイン

長期の乳がんリスク予測に有用な評価モデル

古典的危険因子+乳腺濃度

 2018年04月20日 06:04
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英・Queen Mary University of LondonのAdam R. Brentnall氏らは、乳がんの既往がない女性13万例超を対象に古典的危険因子とマンモグラフィの乳腺濃度を併用した乳がんリスク評価の有用性について検討。その結果、同モデルによるリスク予測は実際に観察された結果とよく一致しており、10年以上の長期間にわたり有用な可能性があるとJAMA Oncol2018年4月5日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  長期の乳がんリスク予測に有用な評価モデル

error in template: found but mtif was expected