メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  米・オシメルチニブが肺がんの一次治療薬に

米・オシメルチニブが肺がんの一次治療薬に

EGFR遺伝子変異陽性NSCLC

 2018年04月23日 17:49
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 アストラゼネカは4月18日、上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)について、米食品医薬品局(FDA)により、EGFR遺伝子変異陽性の転移性非小細胞肺がん(NSCLC)の一次治療薬としての承認を取得したと発表した。同薬は、「第一世代」EGFR-TKIのゲフィチニブ、エルロチニブおよび「第二世代」のアファチニブ耐性化の50~60%を占めるEGFRのT790M二次的遺伝子変異(EGFR T790M)例に有効で、かつ脳転移例にも効果を示すことから、「第三世代」と位置付けられる。これまでのオシメルチニブの適応は、既存のEGFR-TKIに抵抗性でEGFR T790M変異陽性の転移性NSCLC患者だったが、今回の承認により同薬がいよいよ一次治療で用いられることになる。また年内にも国内におけるEGFR変異陽性NSCLCの一次治療薬としての承認が見込まれている(関連記事:「EGFR変異陽性肺がんにパラダイムシフトか」、「肺がんの『最適な治療シークエンス』とは」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本のサマータイム導入の検討。どう考える?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  米・オシメルチニブが肺がんの一次治療薬に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08514046 有効期限:8月末まで