メニューを開く 検索 ログイン

FGF19アナログがNASHに有望な成績示す

【海外短報】

2018年04月24日 06:15

3名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)患者を対象にした第Ⅱ相試験で、線維芽細胞増殖因子(FGF)19アナログのNGM282が許容範囲の安全性で肝脂肪の有意な減少をもたらしたと、英国などのグループがLancet2018; 391: 1174-1185)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  FGF19アナログがNASHに有望な成績示す

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD513919 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外