メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

てんかんの発作コントロールは依然不良

【海外短報】

 2018年04月26日 06:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

  この20年間で作用機序が異なる多くの抗てんかん薬(AED)が登場したものの、いまだてんかん患者の約3分の1は発作コントロールが不十分であると、オーストラリアなどのグループがJAMA Neurol2018; 75: 279-286)に発表した。

  2000年に報告された研究で、成人てんかん患者の3分の1以上がAEDによる発作コントロールが不十分であることが示されている。同グループは、英国の単施設で1982年7月~2012年10月に新たにAED治療を受けた1,795例を2014年10月まで追跡し、発作のコントロール状況を評価した。

  その結果、初回のAEDレジメンで1年以上無発作が持続していた患者は906例(50.5%)で、初回失敗後の2回目、3回目、4回目以降のレジメンによる無発作維持率はそれぞれ11.6%、4.4%、2.12%にとどまっていた。

(編集部)

7名の先生が役に立ったと考えています。

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  てんかんの発作コントロールは依然不良

error in template: found but mtif was expected