メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  てんかんの発作コントロールは依然不良

てんかんの発作コントロールは依然不良

【海外短報】

 2018年04月26日 06:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

  この20年間で作用機序が異なる多くの抗てんかん薬(AED)が登場したものの、いまだてんかん患者の約3分の1は発作コントロールが不十分であると、オーストラリアなどのグループがJAMA Neurol2018; 75: 279-286)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

  2000年に報告された研究で、成人てんかん患者の3分の1以上がAEDによる発作コントロールが不十分であることが示されている。同グループは、英国の単施設で1982年7月~2012年10月に新たにAED治療を受けた1,795例を2014年10月まで追跡し、発作のコントロール状況を評価した。

  その結果、初回のAEDレジメンで1年以上無発作が持続していた患者は906例(50.5%)で、初回失敗後の2回目、3回目、4回目以降のレジメンによる無発作維持率はそれぞれ11.6%、4.4%、2.12%にとどまっていた。

(編集部)

7名の先生が役に立ったと考えています。

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  てんかんの発作コントロールは依然不良

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06513926 有効期限:6月末まで