メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

EVAR後ステントグラフト感染の治療

 2018年04月26日 06:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、腹部大動脈瘤(AAA)治療において腹部ステントグラフト内挿術(EVAR)が広く普及している一方で、EVAR後の合併症が問題となっている。EVAR特有の合併症としてはエンドリーク(瘤内の血液残留・流入)などが多く報告されているのに対し、感染は報告が少ないものの致死的なため重視すべき合併症といえる。湘南鎌倉総合病院(神奈川県)の荻野秀光氏〔現・成田富里徳洲会病院(千葉県)院長〕は、EVAR後のステントグラフト感染症例の治療経験について第54回日本腹部救急医学会(3月8〜9日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  EVAR後ステントグラフト感染の治療

error in template: found but mtif was expected