メニューを開く 検索 ログイン

ギラン・バレー症候群に新規治療の可能性

25年ぶりの進展で重症患者に光明

2018年04月27日 18:05

44名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 千葉大学病院神経内科教授の桑原聡氏らの研究グループは、重症のギラン・バレー症候群患者に対して、ヘモグロビン尿症などの治療薬である抗補体(C5)モノクローナル抗体製剤エクリズマブを用いた臨床試験を実施。ギラン・バレー症候群に対する同薬の有効性が世界で初めて示されたと、Lancet Neurol2018年4月20日オンライン版)に報告した。ギラン・バレー症候群の治療が進展するのは、1992年以来25年ぶり。また、日本から新規治療の可能性を示したのは今回が初めてとなる。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  ギラン・バレー症候群に新規治療の可能性

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで