メニューを開く 検索を開く ログイン

ギラン・バレー症候群に新規治療の可能性

25年ぶりの進展で重症患者に光明

 2018年04月27日 18:05
プッシュ通知を受取る

44名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 千葉大学病院神経内科教授の桑原聡氏らの研究グループは、重症のギラン・バレー症候群患者に対して、ヘモグロビン尿症などの治療薬である抗補体(C5)モノクローナル抗体製剤エクリズマブを用いた臨床試験を実施。ギラン・バレー症候群に対する同薬の有効性が世界で初めて示されたと、Lancet Neurol2018年4月20日オンライン版)に報告した。ギラン・バレー症候群の治療が進展するのは、1992年以来25年ぶり。また、日本から新規治療の可能性を示したのは今回が初めてとなる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

一都三県の緊急事態宣言は7日に解除すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  ギラン・バレー症候群に新規治療の可能性