メニューを開く 検索を開く ログイン

肺がんで3剤目の免疫CP阻害薬が発売

切除不能な進行・再発NSCLCに対する抗PD-L1抗体アテゾリズマブ

 2018年04月28日 07:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 4月18日、切除不能な進行・再発非小細胞肺がん(NSCLC)に対する新たな治療薬として、免疫チェックポイント(CP)阻害薬である抗PD-L1ヒト化モノクローナル抗体アテゾリズマブ(商品名テセントリク)が薬価収載された。4月12日に東京都で開催された「テセントリク」説明会(主催=中外製薬)では、名古屋大学大学院分子細胞免疫学教授で国立がん研究センター研究所腫瘍免疫研究分野/先端医療開発センター免疫TR分野・分野長の西川博嘉氏、国立がん研究センター中央病院副院長で呼吸器内科長の大江裕一郎氏が、同薬の作用機序や臨床試験の成績などについて解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  肺がんで3剤目の免疫CP阻害薬が発売

error in template: found but mtif was expected