メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  SGLT2阻害薬の抗がん作用をヒトでも確認

SGLT2阻害薬の抗がん作用をヒトでも確認

 2018年05月02日 06:15
プッシュ通知を受取る

110名の先生が役に立ったと考えています。

 群馬大学病院内分泌糖尿病内科の研究グループは、SGLT2阻害薬に抗がん作用があることを見いだし、その作用機序が糖の再取り込み阻害以外の全く新しい作用であると、第115回日本内科学会(4月13~15日)で報告した。ダパグリフロジンに関して確認したもので、コラーゲン線維に対するがん細胞の接着能を減弱させることで抗がん作用を発揮しているものと推測された。ヒトでも同薬の抗がん作用を確認しており、想定されている作用機序に合致した結果が得られているという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ふるさと納税しましたか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  SGLT2阻害薬の抗がん作用をヒトでも確認

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12514123 有効期限:12月末まで