メニューを開く 検索を開く ログイン

薬局の自己測定スペースが医療費を削減

 2018年05月03日 06:15
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 健康診断や診療の随時HbA1c検査のみに比べ、薬局の自己測定スペース「検体測定室」が利用できると、検査の費用効果が高くなることが筑波大学の研究で分かった。「検体測定室」は自己穿刺による血液で血糖やHbA1c、血中コレステロールの検査が行えるスペースで、2014年に新設され現在では全国で約1,600カ所の薬局やドラッグストアに設けられている。検体測定室の費用効果が明らかにされたのは初めて。この成果は、Diabetes Care2018年4月23日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  薬局の自己測定スペースが医療費を削減