メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  慢性呼吸不全への睡眠薬、投与できる症例も

慢性呼吸不全への睡眠薬、投与できる症例も

2年間の前向きコホート研究

2018年05月07日 06:20

69名の医師が参考になったと回答 

 慢性呼吸不全の3~4割は睡眠障害のために睡眠薬が必要とされているが、睡眠薬投与は原則禁忌とされている。国立病院機構南京都病院など8施設共同による2年間の前向きコホート観察研究により、慢性呼吸不全患者に対する睡眠薬投与が高二酸化炭素血症を増悪させず生命予後にも影響しないことが明らかになった。第115回日本内科学会(4月13~15日)で発表した同院呼吸器科内科医長の角謙介氏は「臨床現場で睡眠薬の処方に苦慮している医師には有用な結果。しかし、全ての症例が適応になるわけでなく、症例によって慎重な考慮が必要」と強調している。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  慢性呼吸不全への睡眠薬、投与できる症例も