メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  複雑性虫垂炎に研修医の腹腔鏡手術は安全?

複雑性虫垂炎に研修医の腹腔鏡手術は安全?

 2018年05月07日 15:35
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 鏡視下手術の普及に伴い、卒後年数の短い外科医が行う穿孔性・壊死性などの複雑性虫垂炎(complicated appendicitis)に対する腹腔鏡手術(LA)は増加しているが、従来の開腹虫垂炎切除術(OA)と同様に安全に研修医の教育が可能かどうかについては十分に確認されていない。君津中央病院(千葉県)外科の須田竜一郎氏は、後ろ向き研究の結果を第54回日本腹部救急医学会(3月8〜9日)で報告し、「複雑性虫垂炎に対するLAは安全に教育可能であり、基本的腹腔鏡手術手技の学習機会となりうる」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本のサマータイム導入の検討。どう考える?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  複雑性虫垂炎に研修医の腹腔鏡手術は安全?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08514156 有効期限:8月末まで