メニューを開く 検索 ログイン

進歩するライソゾーム病治療(1)

治療選択肢が増えつつある

2018年05月08日 06:10

4名の医師が参考になったと回答 

 以前は治療法がなかったライソゾーム病に対し、1980年代に造血幹細胞移植、1990年代には酵素補充療法(ERT)が臨床の場で実施されるようになった。治療法の出現に伴い、診断される患者も増加し、近年は経口薬による治療法も開発されている。東京慈恵会医科大学小児科学講座教授で日本ライソゾーム病研究会代表幹事、日本先天代謝異常学会理事長の井田博幸氏にライソゾーム病の概要とゴーシェ病について解説してもらった。(関連記事:「進歩するライソゾーム病治療(2)」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  小児 »  進歩するライソゾーム病治療(1)

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで