メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

進歩するライソゾーム病治療(2)

地域・他科連携が課題

 2018年05月08日 06:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 以前は治療法がなかったライソゾーム病に対し、1980年代に造血幹細胞移植、1990年代には酵素補充療法(ERT)が臨床の場で実施されるようになった。治療法の出現に伴い、診断される患者も増加し、近年は経口薬による治療法も開発されている。済生会横浜市東部病院小児肝臓消化器科部長の乾あやの氏に、小児肝臓専門医の立場から主にポンペ病とライソゾーム酸性リパーゼ欠損症(LAL-D)について解説してもらった。(関連記事:「進歩するライソゾーム病治療(1)」、「ライソゾーム病は酵素補充療法で治療可能」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  小児 »  進歩するライソゾーム病治療(2)

error in template: found but mtif was expected