メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

扱い難しい注射剤、オンラインで個別指導

遠隔ディテーリング最前線

 2018年05月09日 06:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 多発性硬化症(MS)の再発予防・進行抑制に用いる薬剤の1つに、インターフェロンβ-1b(商品名ベタフェロン)がある。隔日投与する皮下注製剤だが、患者本人または家族が調製、投与しなければならない上に手技が難しいため、MS患者を診る施設では患者指導が重要となる。患者の疑問や不安に自信を持って答えるためには、まず医療者が使い方に習熟する必要がある。最近活発化しているインターネットを用いた薬剤情報提供は、一方向的な説明にとどまらず、自分の手技の確認、練習の場としての活用も期待されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  扱い難しい注射剤、オンラインで個別指導

error in template: found but mtif was expected