メニューを開く 検索を開く ログイン

SLE患者の妊娠転帰を含む長期予後を検討

学会主導多施設共同前向きコホート研究開始

 2018年05月09日 06:10
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 全身性エリテマトーデス(SLE)患者においては、治療の進歩に伴い予後が改善した一方、長期罹患に伴う心身の負担の蓄積やQOLの低下などの問題が依然として残る。しかし、これまでわが国においてSLE患者の長期予後に関する多施設調査は行われてこなかった。そこで日本リウマチ学会は、SLE患者の現状および妊娠転帰を含めた長期・短期予後に関する前向きコホート研究を開始。昭和大学リウマチ膠原病内科講師の矢嶋宣幸氏が第62回同学会(4月26~28日)で報告し、研究への参加を呼びかけた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  SLE患者の妊娠転帰を含む長期予後を検討

error in template: found but mtif was expected