メニューを開く 検索 ログイン

SLE患者の妊娠転帰を含む長期予後を検討

学会主導多施設共同前向きコホート研究開始

2018年05月09日 06:10

9名の医師が参考になったと回答 

 全身性エリテマトーデス(SLE)患者においては、治療の進歩に伴い予後が改善した一方、長期罹患に伴う心身の負担の蓄積やQOLの低下などの問題が依然として残る。しかし、これまでわが国においてSLE患者の長期予後に関する多施設調査は行われてこなかった。そこで日本リウマチ学会は、SLE患者の現状および妊娠転帰を含めた長期・短期予後に関する前向きコホート研究を開始。昭和大学リウマチ膠原病内科講師の矢嶋宣幸氏が第62回同学会(4月26~28日)で報告し、研究への参加を呼びかけた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  SLE患者の妊娠転帰を含む長期予後を検討

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで