メニューを開く 検索を開く ログイン

新結核治療薬が発売、多剤耐性菌に効果

 2018年05月09日 06:20
プッシュ通知を受取る

56名の先生が役に立ったと考えています。

 ヤンセンファーマは5月8日、成人の多剤耐性肺結核治療薬ベダキリンフマル酸塩(商品名サチュロ)の販売を開始したと発表した(薬価:100mg 1錠、21,872.5円)。同薬は多剤耐性肺結核に対する多剤併用療法の新たな選択肢の1つとして、治癒率向上への貢献が期待される。投与に際しては「必ず他の抗結核薬と併用すること」との注意が付されている。また、同薬はオーファンドラッグ(希少疾病用薬品)に指定されている。(関連記事:「20年ぶりの経口爪白癬治療薬などが承認」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  新結核治療薬が発売、多剤耐性菌に効果