メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  PPI使用による脳梗塞リスク認められず

PPI使用による脳梗塞リスク認められず

【海外短報】

 2018年05月10日 06:15
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 プロトンポンプ阻害薬(PPI)の使用と脳梗塞発症に有意な関係は認められなかったと、米国のグループがGastroenterology2018; 154: 1290-1297. e1)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 先行研究で、高用量のPPI使用と脳梗塞リスクとの関連が示唆されている。同グループは、2000年以降にNurses' Health Studyに登録された女性6万8,514例(平均年齢65歳)と2004年以降にHealth Professionals Follow-up Studyに登録された男性2万8,989例(同69歳)を対象に、PPI使用と脳卒中発症との関係を検討した。

 12年間延べ94万9,330人・年の追跡期間中に2,599例(女性2,037例、男性562例)が初回脳卒中を発症した。脳卒中の危険因子を補正後、PPI使用は脳梗塞リスクの有意な上昇と関係していた(ハザード比1.18、95%CI 1.02~1.37)。しかし、PPI使用の適応(消化性潰瘍・胃食道逆流症・消化管出血の既往歴およびH2受容体拮抗薬の使用歴)を補正後、この関係は有意ではなくなった(同1.08、0.91~1.27)。

 PPIの定期的使用は脳卒中全体または脳出血のリスクとも関係がなかった。

(編集部)

9名の先生が役に立ったと考えています。

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

抗認知症薬を処方する前に甲状腺機能検査を実施していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  PPI使用による脳梗塞リスク認められず

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08514137 有効期限:8月末まで