メニューを開く 検索を開く ログイン

高尿酸血症の診療で直面する3つの問題

大野岩男氏が解説

 2018年05月11日 06:00
プッシュ通知を受取る

98名の先生が役に立ったと考えています。

 高尿酸血症は痛風関節炎の原因となるだけでなく、高血圧、腎臓病、心血管疾患などとの関連性も示されており、診療上の重要性が高まっている。このような中、日本痛風・核酸代謝学会の「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第2版)」(以下、現行ガイドライン)の改訂が現在進められている。ここでは、高尿酸血症の診療で直面する3つの問題(①病型分類は必要か②無症候性高尿酸血症に積極的に介入すべきか③尿酸はどこまで下げてよいのか)について、東京慈恵会医科大学総合診療内科教授の大野岩男氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  解説 »  高尿酸血症の診療で直面する3つの問題