メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  解説 »  高尿酸血症の診療で直面する3つの問題

高尿酸血症の診療で直面する3つの問題

大野岩男氏が解説

 2018年05月11日 06:00
プッシュ通知を受取る

96名の先生が役に立ったと考えています。

 高尿酸血症は痛風関節炎の原因となるだけでなく、高血圧、腎臓病、心血管疾患などとの関連性も示されており、診療上の重要性が高まっている。このような中、日本痛風・核酸代謝学会の「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第2版)」(以下、現行ガイドライン)の改訂が現在進められている。ここでは、高尿酸血症の診療で直面する3つの問題(①病型分類は必要か②無症候性高尿酸血症に積極的に介入すべきか③尿酸はどこまで下げてよいのか)について、東京慈恵会医科大学総合診療内科教授の大野岩男氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  解説 »  高尿酸血症の診療で直面する3つの問題

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06514246 有効期限:6月末まで