メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  世界初、喀痰の診療ガイドラインを作成

世界初、喀痰の診療ガイドラインを作成

咳嗽ガイドラインの改訂版に追加

 2018年05月15日 06:15
プッシュ通知を受取る

63名の先生が役に立ったと考えています。

 咳嗽は日常診療で高頻度に遭遇する症状の1つである。日本呼吸器学会では2005年に『咳嗽に関するガイドライン(GL)』を作成し、2012年には第2版を刊行した。しかし、咳嗽と密接に関連し、診療上重要な意味を持つ喀痰のGLは存在しなかった。そこで同学会では今年(2018年)、咳嗽に関するGLの改訂版に喀痰の項目を追加した『咳嗽・喀痰の診断と治療のGL』(新GL)を刊行する予定である。元・東京女子医科大学内科学第一講座主任教授(現・英GSK Global Medical Expert)で新GLの作成委員長を務める玉置淳氏は、そのポイントを第58回日本呼吸器学会(4月27~29日)で紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  世界初、喀痰の診療ガイドラインを作成

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06514273 有効期限:6月末まで