メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  重症COPDに単一吸入器による3剤併用が有効

重症COPDに単一吸入器による3剤併用が有効

国際第Ⅲ相試験IMPACT

 2018年05月15日 17:26
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 吸入ステロイド薬(ICS)、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)および長時間作用性β2刺激薬(LABA)を単一の吸入器で投与する3剤併用療法は、2剤併用療法(ICS/LABAまたはLAMA/LABA)に比べて慢性閉塞性肺疾患(COPD)の中等症または重症の増悪を抑制する。米・University of PennsylvaniaのDavid A. Lipson氏らは、増悪リスクの高いCOPD患者約1万例を対象とした国際第Ⅲ相二重盲検並行群間ランダム化比較試験IMPACTの結果をN Engl J Med 2018; 378: 1671-1680)に報告した。(関連記事「"最強の治療法"トリプル吸入療法は諸刃の剣」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

抗認知症薬を処方する前に甲状腺機能検査を実施していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  重症COPDに単一吸入器による3剤併用が有効

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08514277 有効期限:8月末まで