メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »   »  強度近視の失明予防に光明

強度近視の失明予防に光明

2018年05月15日 16:58

14名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 近年、近視が世界的に急増しており、特に強度近視は失明〔世界保健機関(WHO)基準で矯正視力0.05未満〕の原因として国内でも問題視されている。大津赤十字病院(滋賀県)眼科部長で京都大学大学院眼科学の山城健児氏らの研究グループは、強度近視による失明原因となる近視性黄斑変性症(以下、黄斑症)の発症に関わる遺伝子・分子CCDC102Bを発見したとNat Commun(2018; 9: 1782)に発表。CCDC102Bは近視・強度近視の発症には無関係なことから、強度近視を来しても、その後の黄斑症発症や失明は予防できる可能性があるという。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2018年 »   »  強度近視の失明予防に光明