メニューを開く 検索を開く ログイン

強度近視の失明予防に光明

 2018年05月15日 16:58
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 近年、近視が世界的に急増しており、特に強度近視は失明〔世界保健機関(WHO)基準で矯正視力0.05未満〕の原因として国内でも問題視されている。大津赤十字病院(滋賀県)眼科部長で京都大学大学院眼科学の山城健児氏らの研究グループは、強度近視による失明原因となる近視性黄斑変性症(以下、黄斑症)の発症に関わる遺伝子・分子CCDC102Bを発見したとNat Commun(2018; 9: 1782)に発表。CCDC102Bは近視・強度近視の発症には無関係なことから、強度近視を来しても、その後の黄斑症発症や失明は予防できる可能性があるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »   »  強度近視の失明予防に光明

error in template: found but mtif was expected