メニューを開く 検索 ログイン

高齢発症のRA患者でBioの効果を検討

 2018年05月16日 17:35
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 近年増加している高齢発症関節リウマチ(elderly-onset rheumatoid arthritis;EORA)患者では、免疫抑制療法による合併症の発生などが問題であり、治療法はまだ確立されていない。杏林大学第一内科腎臓・リウマチ膠原病内科の福岡利仁氏は、EORA治療法の確立を目的として、EORAに対する生物学的製剤(bDMARD)の治療効果と安全性を検討し、第62回日本リウマチ学会(4月26~28日)で報告した。

…続きを読むにはこちら

ワンクリックアンケート

先生は100歳まで生きる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  高齢発症のRA患者でBioの効果を検討