メニューを開く 検索を開く ログイン

JAK1阻害薬の日本人成績を初公表

Upadacitinib第Ⅱb/Ⅲ相臨床試験SELECT-SUNRISE

 2018年05月16日 06:10
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 東邦大学内科学講座膠原病学分野教授の亀田秀人氏は、関節リウマチ(RA)を適応として開発中のヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬upadacitinibについて日本人初の第Ⅱb/Ⅲ相臨床試験SELECT-SUNRISEの成績を、第62回日本リウマチ学会(4月26~28日)で発表した。同氏は、upadacitinib投与1週後からプラセボ群に比べて有意な臨床的改善が得られ、投与12週後の主要評価項目を達成したことを明らかにした。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  JAK1阻害薬の日本人成績を初公表