メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  ホルモン避妊法が自殺リスクと関係

ホルモン避妊法が自殺リスクと関係

【海外短報】

 2018年05月17日 06:20
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ホルモン製剤による避妊が自殺リスクと関係することを示すデータが、デンマークなどのグループによりAm J Psychiatry2018; 175 336-342)に発表された。

 同グループは、精神疾患歴および抗うつ薬やホルモン避妊法の使用歴がなく、1996~2013年の前向きコホート研究の期間中に15歳を迎えたデンマークの全女性を対象に、ホルモン避妊法と自殺企図および自殺との関係を検討した。

 対象は約50万例(平均年齢21歳)。平均8.3年の追跡期間中に初回自殺企図が6,999例、自殺が71例発生した。現在および最近のホルモン避妊法使用の非使用に対する相対リスクは自殺企図が1.97、自殺が3.08だった。避妊法別の自殺企図の推定リスクは混合ピル1.91、ミニピル2.29、腟リング2.58、避妊パッチ3.28であった。

(編集部)

3名の先生が役に立ったと考えています。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ふるさと納税しましたか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  ホルモン避妊法が自殺リスクと関係

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12514140 有効期限:12月末まで