メニューを開く 検索を開く ログイン

食道がんの薬物療法、活路は免疫療法か

 2018年05月17日 06:30
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 消化器がんの治療薬開発は目覚ましく、胃がんや大腸がんに対しては分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬が臨床導入されている。しかし、他の消化器がんに比べて患者数が少ない食道がんについては、承認されている分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬は一剤もない。そうした中で、食道がんの治療成績向上のため、さまざまな検討が行われている。国立がん研究センター中央病院消化管内科医長の加藤健氏は、第104回日本消化器病学会(4月19~21日)で「切除不能・進行再発食道がんの治療の未来」について展望。「食道がんの薬物療法は、免疫チェックポイント阻害薬の開発を中心に進展していくだろう」と考察した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  食道がんの薬物療法、活路は免疫療法か