メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

てのひらサイズの吸入麻酔器、火星へ

小規模病院、航空機や船舶、遠隔地にも

 2018年05月17日 06:03
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

1805038_ph2.jpg

写真1. 石北氏らが開発した嗅ぎ注射器(石北直之氏提供)

 吸入麻酔器は重症患者などの手術に不可欠だが、その大きさや費用などから、設置できる施設、環境には限りがある。そこで、国立病院機構渋川医療センター(群馬県)小児科医長の石北直之氏は、精密プラスチック製品の加工を手がけるニュートン社との共同で、てのひらサイズの超小型簡易吸入麻酔器(嗅ぎ注射器、写真1)を開発。3Dプリンター技術を利用して嗅ぎ注射器を火星探査時の医療に生かすプロジェクトが、米国が実施する模擬火星基地医療シミュレーション(Mars Medic Ⅰ)に正式採用されたことを明らかにした。弊社の取材によると、この器具は宇宙だけでなく小規模病院、航空機、船舶、遠隔地などでの医療にも活用できる可能性があるという(関連記事「世界初! 電子メールで人工呼吸器が宇宙へ」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  麻酔科 »  てのひらサイズの吸入麻酔器、火星へ

error in template: found but mtif was expected