メニューを開く 検索を開く ログイン

遺伝性乳がんへの予防切除を強く/弱く推奨

 2018年05月17日 18:24
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

「乳癌診療ガイドライン」(日本乳癌学会編)が5月16日、3年ぶりに改訂された。改訂版では、遺伝性乳がんに対するリスク低減乳房切除術を強くまたは弱く推奨する指針が示された。同ガイドライン疫学・予防小委員会委員長で福山市民病院(広島県)乳腺甲状腺外科統括科長の池田雅彦氏が、その変更点について第26回日本乳癌学会(5月16~18日)で報告した(詳報は後日掲載予定)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  遺伝性乳がんへの予防切除を強く/弱く推奨

error in template: found but mtif was expected