メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ドライアイにおいて角膜神経の性質が変化

眼表面の所見と自覚症状が乖離する原因に

 2018年05月18日 16:14
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。


 ドライアイ患者では涙液層の異常および角膜・結膜の上皮障害が非常に軽度であるにもかかわらず、強い不快感や痛みを訴えるケースが少なくない。こうした症例では、涙液層の異常や上皮障害を治療しても自覚症状の改善はほとんど得られない。金沢医科大学薬理学准教授の益岡尚由氏は、角膜の感覚神経の性質に変化が生じることが、ドライアイにおける涙液層の異常や上皮障害に依存しない眼不快感の発生に関与していると、第122回日本眼科学会(4月19〜22日)で解説、併せて新たな知見を報告した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

緊急時の感染症対応に強力な司令塔

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  ドライアイにおいて角膜神経の性質が変化