メニューを開く 検索 ログイン

ドライアイにおいて角膜神経の性質が変化

眼表面の所見と自覚症状が乖離する原因に

 2018年05月18日 16:14
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 ドライアイ患者では涙液層の異常および角膜・結膜の上皮障害が非常に軽度であるにもかかわらず、強い不快感や痛みを訴えるケースが少なくない。こうした症例では、涙液層の異常や上皮障害を治療しても自覚症状の改善はほとんど得られない。金沢医科大学薬理学准教授の益岡尚由氏は、角膜の感覚神経の性質に変化が生じるこ...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

31日の衆院選挙、投票に行きますか?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  ドライアイにおいて角膜神経の性質が変化