メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  基礎医学 »  自閉症における抗肥満メカニズムを解明

自閉症における抗肥満メカニズムを解明

肥満症の新たな治療薬開発に期待

 2018年05月18日 06:30
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 九州大学は5月16日、自閉症の原因遺伝子であるCHD8 が脂肪分化や脂肪滴の蓄積に重要な役割を持つことを発見したと発表した。同大学生体防御医学研究所の中山敬一氏、名古屋市立大学薬学研究科の喜多泰之氏、白根道子氏、金沢大学医薬保健研究域医学系の西山正章氏らは、CHD8遺伝子変異を持つ自閉症患者に痩せ形が多いことをヒントに、CHD8 を欠損させたマウスを用いて研究を行った。その結果、CHD8 を欠損したマウスは高脂肪の餌を与えても太りにくくなることなどが明らかになり、ヒトにおける肥満治療薬への応用が期待される。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ラグビーワールドカップ開幕

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  基礎医学 »  自閉症における抗肥満メカニズムを解明

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09514344 有効期限:9月末まで