メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ニホンジカも肺吸虫の感染源に

 2018年05月21日 06:20
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 ニホンジカ亜種(奈良公園のシカ) ※画像はイメージです

 肺吸虫症は典型的な食品由来人獣共通寄生虫症で、原因食品として淡水性のカニとイノシシ肉がよく知られている。これらに加えて、2016年にニホンジカの筋肉からウェステルマン肺吸虫の幼若虫体が検出されたことが報告された。宮崎大学農学部獣医学科獣医寄生虫病学研究室准教授の吉田彩子氏は、シカ肉の摂取により感染した可能性が高い肺吸虫症患者の居住地域に生息するシカを調べたところ、幅広く肺吸虫抗体陽性のシカが見つかったと第87回日本寄生虫学会(3月17〜18日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  ニホンジカも肺吸虫の感染源に

error in template: found but mtif was expected