メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  AMIせん妄へのハロペリドールで死亡率上昇

AMIせん妄へのハロペリドールで死亡率上昇

【海外短報】

 2018年05月21日 06:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 急性心筋梗塞(AMI)で入院した患者のせん妄管理に定型抗精神病薬のハロペリドールを投与した場合、非定型抗精神病薬に比べて院内死亡率がわずかではあるが高まることが示された。米国のグループがBMJ2018; 360: k1218)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 同国の700以上の病院に2003~14年にAMIで入院し、せん妄管理の目的でハロペリドールまたは非定型抗精神病薬(オランザピン、クエチアピン、リスペリドン)の経口投与を受けた18歳以上の患者6,578例(平均年齢75.2歳)を対象に、治療開始から7日間の院内死亡率を比較した。

 1,668例がハロペリドール、4,910例が非定型抗精神病薬の投与を受けていた。交絡因子を調整するため傾向スコアマッチングによるintention-to-treat解析を行った。その結果、治療開始から7日間の100人・日当たりの絶対死亡率はハロペリドール群が1.7例(129例が死亡)、非定型抗精神病薬群が1.1例(92例が死亡)で、ハロペリドール群の未補正および補正死亡ハザード比はそれぞれ1.51(95%CI 1.22~1.85)、1.50(同1.14~1.96)であった。

(編集部)

4名の先生が役に立ったと考えています。

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

抗認知症薬を処方する前に甲状腺機能検査を実施していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  AMIせん妄へのハロペリドールで死亡率上昇

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08514307 有効期限:8月末まで