メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  乳がん診療指針改訂、岩田氏が骨子を解説

乳がん診療指針改訂、岩田氏が骨子を解説

医師患者間のshared decision makingの重要性を考慮

 2018年05月21日 16:43
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 『乳癌診療ガイドライン』(日本乳癌学会編)が5月16日、3年ぶりに改訂された。診療ガイドライン委員会委員長で愛知県がんセンター中央病院副院長・乳腺科部長の岩田広治氏が、今回の改訂の骨子について第26回日本乳癌学会(5月16~18日)で報告。改訂版では、医師を含む医療者と患者の共通理解の下で、個々の患者の人生観、価値観に照らし合わせた治療方針の決定がなされる、いわゆるshared decision makingの重要性が今までよりも考慮されたことなどが報告された(関連記事:「遺伝性乳がんへの予防切除を強く/弱く推奨」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療大麻、日本で認めてよい?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  乳がん診療指針改訂、岩田氏が骨子を解説

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10514382 有効期限:10月末まで