メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病患者の20%以上体重減少は骨折リスク

糖尿病患者の20%以上体重減少は骨折リスク

【海外短報】

 2018年05月22日 06:04
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 2型糖尿病患者の最大体重から20%以上の体重減少は脆弱性骨折の有意な危険因子であると、九州大学などのグループがDiabetes Care2018; 41: 1061-1067)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 一般集団で体重減少と骨折リスクとの関連を示すエビデンスが増えている。同グループは、2型糖尿病患者4,706例(男性2,755例、閉経後女性1,951例、平均年齢66歳)を中央値で5.3年間追跡し、体重の減少と大腿骨および脊椎の脆弱性骨折との関連を検討。最大体重からの体重減少率により10%未満、10~20%未満、20~30%未満、30%以上の4群に分類した。

 追跡期間中に脆弱性骨折が198例で確認された。年齢と性を補正後の1,000人・年当たりの骨折発生率は体重減少率10%未満群が6.4例、10~20%未満群が7.8例、20~30%未満群が11.7例、30%以上群が19.2例であった。

 10%未満群に対する脆弱性骨折の多変量補正ハザード比は、男性では10~20%未満群が1.48(95%CI 0.79~2.77)、20~30%未満群が2.23(同1.08~4.64)、30%以上群が5.20(同2.15~12.57)、閉経後女性ではそれぞれ1.19(同0.78~1.82)、1.62(同0.96~2.73)、1.97(同0.84~4.62)だった。

(編集部)

8名の先生が役に立ったと考えています。

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病患者の20%以上体重減少は骨折リスク

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06514302 有効期限:6月末まで