メニューを開く 検索 ログイン

世界初、ATR-X症候群の治療薬候補を発見

2018年05月22日 06:08

6名の医師が参考になったと回答 

 東北大学、岐阜薬科大学、京都大学の研究グループは、アミノ酸の一種である5-アミノレブリン酸に、男性だけに知的障害を遺伝的に発症するATR-X症候群(X連鎖αサラセミア・遅滞症候群)に対する治療効果があることを発見した。モデルマウスに経口投与したところ、認知機能障害が改善、異常発現していた遺伝子の約70%が改善できた。ATR-X症候群に対する治療薬候補の発見は世界でも初めてだという。詳細はNat Med(2018年5月21日オンライン版)に掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  世界初、ATR-X症候群の治療薬候補を発見

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで