メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

rt-PAで発症時刻不明脳卒中患者の転帰が改善

MRIガイド下DWI-FLAIRミスマッチ症例への血栓溶解療法―WAKE-UP試験

 2018年05月23日 06:06
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 発症時刻が不明の脳卒中急性期で、MRIのFLAIR画像に脳梗塞を示す信号変化が認められない患者において、rt-PA製剤アルテプラーゼ静注による血栓溶解療法はプラセボ投与に比べて90日後の機能的転帰が良好であることが示された。ドイツ・Universitätsklinikum Hamburg-EppendorfのGötz Thomalla氏らが、欧州8カ国70施設で実施されたWAKE-UP試験の結果を欧州脳卒中協会年次集会(ESOC 2018、5月16~18日、イエーテボリ)で発表し、N Engl J Med2018年5月16日オンライン版)に同時掲載した。なお、同試験の目標症例は800例であったが、503例を登録した時点で欧州連合(EU)の資金援助が停止されたため早期中止となった(関連記事「〔解説〕発症時刻不明の脳梗塞でも治療可能に」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  rt-PAで発症時刻不明脳卒中患者の転帰が改善

error in template: found but mtif was expected