メニューを開く 検索を開く ログイン

小児XLHで承認のburosumab、日本含む成績発表

 2018年05月23日 13:40
プッシュ通知を受取る

 協和発酵キリンおよび同社の欧州子会社、共同開発先のUltragenyxは、X染色体遺伝性低リン血症(XLH)に対する初の治療薬burosumab(欧米商品名: Crysvita)の小児を対象とした第Ⅲ相臨床試験成績を5月18日に公表した。XLHは遺伝子の異常によって体内のリンが尿中に過剰に排泄されるため、骨が石灰化されず下肢の変形や成長障害などを来す希少疾患。burosumabは、今年(2018年)欧米で小児での適応を取得した(関連記事:「XLHの病態に直接作用、burosumabが登場」「FDAも承認、遺伝性低リン血症薬burosumab」)。同試験には日本も参加した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  小児XLHで承認のburosumab、日本含む成績発表

error in template: found but mtif was expected