メニューを開く 検索 ログイン

〔解説〕発症時刻不明な脳梗塞でも治療対象に

熊本市民病院 橋本洋一郎

2018年05月23日 06:08

72名の医師が参考になったと回答 

〔編集部から〕発症時刻が不明の脳梗塞では、最終未発症時刻(元気であることが確認された最終時刻)をもって発症時刻とすることとなっており、朝目が覚めたら麻痺していたという症例の多くはrt-PA製剤アルテプラーゼ静注療法の適応になっていない。欧州脳卒中協会年次集会(ESOC 2018、5月16~18日、イエーテボリ)で発表されたWAKE-UP試験では、発症時刻が不明の脳卒中急性期で、MRI拡散強調画像(DWI)のFLAIR画像に脳梗塞を示す信号変化が認められない(DWI-FLAIRミスマッチ)患者において、rt-PA静注による血栓溶解療法とプラセボ投与を比較した結果、rt-PA群の方が90日後の機能的転帰が良好であった。この結果は、N Engl J Med2018年5月16日オンライン版)に同時掲載された(関連記事「rt-PAで発症時刻不明脳卒中患者の転帰が改善」)。同研究の意義について熊本市民病院の橋本洋一郎氏に解説してもらった。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  〔解説〕発症時刻不明な脳梗塞でも治療対象に

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD514384 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外