メニューを開く 検索を開く ログイン

術前診断は肺がんの再発リスクとなるか?

 2018年05月24日 06:08
プッシュ通知を受取る

20名の先生が役に立ったと考えています。

 治療成績を向上させるために行う術前診断が、かえって患者の予後を悪化させる可能性が示唆されている。国立病院機構姫路医療センター呼吸器内科の水守康之氏らは、気管支鏡検査や経皮的穿刺による術前診断とⅠA期非小細胞肺がんの再発リスクの関連を検討。その結果を第58回日本呼吸器学会(4月27〜29日)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  術前診断は肺がんの再発リスクとなるか?