メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  若年性特発性関節炎の国内での実態が初めて明らかに

若年性特発性関節炎の国内での実態が初めて明らかに

 2018年05月24日 06:06
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 若年性特発性関節炎(JIA)は、関節炎の症状が6週間以上続く原因不明の疾患で、16歳未満の子供に起こる小児リウマチ性疾患の中で最も患者数が多い。国内の有病率は小児1万人当たり約1人といわれている。過去に詳細な調査が行われたことはなかったが、大阪医科大学大学院小児科の岡本奈美氏、宮城県立こども病院リウマチ・感染症科の梅林宏明氏が、第62回日本リウマチ学会総会・学術集会(4月26~28日、東京国際フォーラム)において、国内初となる全国規模の疫学調査の結果を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  若年性特発性関節炎の国内での実態が初めて明らかに

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06514408 有効期限:6月末まで