メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

若年性特発性関節炎の国内での実態が初めて明らかに

 2018年05月24日 06:06
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 若年性特発性関節炎(JIA)は、関節炎の症状が6週間以上続く原因不明の疾患で、16歳未満の子供に起こる小児リウマチ性疾患の中で最も患者数が多い。国内の有病率は小児1万人当たり約1人といわれている。過去に詳細な調査が行われたことはなかったが、大阪医科大学大学院小児科の岡本奈美氏、宮城県立こども病院リウマチ・感染症科の梅林宏明氏が、第62回日本リウマチ学会総会・学術集会(4月26~28日、東京国際フォーラム)において、国内初となる全国規模の疫学調査の結果を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  若年性特発性関節炎の国内での実態が初めて明らかに

error in template: found but mtif was expected