メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  胃がんは4亜型に基づく治療の時代へ

胃がんは4亜型に基づく治療の時代へ

 2018年05月25日 06:10
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

 胃がんの薬物治療は個別化医療という観点からはまだ不十分といわれる。そうした中、胃がんにおける個別化医療をさらに推進するため、4つの亜型(サブタイプ)に基づく治療開発が検討されている。九州大学大学院九州連携臨床腫瘍学講座教授の馬場英司氏が、第104回日本消化器病学会(4月19~21日)で報告した(関連記事:「食道がんの薬物療法、活路は免疫療法か」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本のサマータイム導入の検討。どう考える?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  胃がんは4亜型に基づく治療の時代へ

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08514383 有効期限:8月末まで